Let's SMILE!


カナダのこと、大学院のこと、いろんなこと
by sask2525
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク

<   2006年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

バスの運転手

最近、新聞でも運転中の携帯電話での通話を禁止すべきかどうかっていう議論が持ち上がっているカナダですが・・・

今のところ運転中の携帯通話OKなんです。

で、今日のったバスの運転手さん、ダウンタウンからず~~~~~っと携帯でお話。
やばいよ・・・って思ってたら、案の定バス停一つスルーして、乗客降ろし忘れるし、、、
それでも通話中。。。
で、内容は
「今、ブロードウェイだよ~」
「あ、今ウィルソン」
と、運転の実況中継・・・
ありえない。

で、最後には「あいらぶゆ~」

なんじゃそりゃ><
[PR]
by sask2525 | 2006-10-30 13:44

NO PLACE TO LEARN

Excite エキサイト : 社会ニュース

アルバータ大学のDepartment of Political Scienceの教授によって書かれた「No Place to Learn」、この本の中にも大学教育そして教授陣の質についていろいろと書かれています。
TeachingかResearchingか。。。
小中高の教師になるためには、教育実習欠かせないけど、大学教授にはそれはない。
FDの導入はやはり難しいものがあります。

こちらでも、Teachingメインの教授は1・2年生の講義を受け持ち、Researchingメインの教授は3・4年または大学院の学生の面倒を見ています。
でも、たまにResearchingメインの教授が1年生の講義を受け持つこともあり、教授にとっては苦痛なんだそうです。なので、TAを雇っている教授もたくさんいます。
大学教員って、暇そうに見えますよね?!
でも実際はすっごく忙しいんです。
先日,別のDepartmentの教授との会話の中で、大学教員の仕事って内部の人からしか見えないから、外部の理解が得ずらのよ~と訴えられました。。。
この教授は、1年生から院生までしっかり教えているし、研究も年に何本か論文を提出するほど活発な方なのです。。。

ここで疑問なのが、大学教員は研究者なのか、教育者なのかということ。

高等教育が高校までの教育と完全に区別される理由は、やはり研究機関としての役割が大学にあるからだと思うんです。しかし、これはごく一部の役割であって、実際はすべての学生が「研究をしよう!」とはりきって大学に入学するわけではありません。
大学進学が一般化し、高校受験と同じように、大学を受験し、専門分野を学ぶ・・・そうかんがえれば、教員の主な役割は、やはり教育者ということになるのでしょう・・・

では、教育者とは何なのか・・・
この辺が「大学によって求められる教員像が異なる」ということと関連しているのでしょうが、それは、また次の機会に<(_ _)>
[PR]
by sask2525 | 2006-10-21 16:13

かなでぃあんろっきー

に行ってきました。っいってももう一ヶ月以上前のことなんだけどね。。。
anyway, こっちにきて撮った写真もかなりたまってきたとこなので、
今日は写真の更新!
まずはカルガリー。
これは真夏だったので、暑かったね~。虹がきれいだったので、止まってみました。。。
f0007719_14562278.jpg

そして、スタンピード。ロデオより人の多さに・・・・
f0007719_14564168.jpg

これは、バンフ。車で約8時間かな。
f0007719_1457994.jpg

カナダに来ても、やっぱり5本指! 日本から持参したんだけどね・・・
こっちは売ってないのか、見つけられないのか・・・だれか、送って~(笑
f0007719_14572183.jpg

マイナスイオン浴びてきました~。
f0007719_14574043.jpg

カナディアンロッキーって、岩(rock)なんだよね、どおりで・・・・(何??笑)
f0007719_14575485.jpg

山が恋しくてね・・・
f0007719_1458984.jpg

ロープウェイからの絶景! この景色は一見の価値あり!
f0007719_14582078.jpg

[PR]
by sask2525 | 2006-10-21 14:58

さ・・・さむい。。。

雪、降りました。
気温、0度が最高気温。
ありえないって(泣

仕事も大学も行かずにbedの中に一日中こもっていたい今日この頃です。
[PR]
by sask2525 | 2006-10-20 16:35

本・本・本・本・本・本・本・本・本・本

book saleに行ってきました。
すべての本(中古ですが)が1ドル!
ある財団が毎年催しているらしいのですが、会場が広い。
本の冊数も半端ではありませんでした。
で、調子に乗って10冊以上購入・・・

中には原価が100ドル以上の値段が付いたものまでありましたヽ(^o^)丿
そして、私が探していた参考文献もあり、一つ前のバージョンだったけど、
即買いしちゃいました。

でも、よく考えたらこの本日本に持って帰るよね。。。
しかも、すでに20冊を超える本を購入済み。。。
帰りは船便だな~。
[PR]
by sask2525 | 2006-10-19 14:36

really??????(泣

Excite エキサイト : スポーツニュース

赤い車から白い煙・・・・アロンソの前。

心臓止まるかと思った(>_<)

いや、一瞬止まったかも。

最後の鈴鹿で、どうして。。。

今までエンジントラブルなんてなかったのに、なぜ今。

テレビの前で泣きそうになった。ん~。ちょっと泣いたかも^^;

マシンに気持ちをぶつけるわけでもなく、淡々と歩くミハエル。

きっといろんなことを考えたんだろうなってその後のコメントから読み取れる。

「ドライバーズタイトルはおわったね」って。

7度の総合優勝、そしてあきらめない姿勢。それをもってしても、

このコメント。

ミハエルはアロンソのリタイアを望んでいない。

でも、どこかでまだ奇跡が起こるんじゃないかなって考えるのはだめでしょうか??

彼は今までにいろんな経験をしてきた。いい経験も悪い経験も。

チームオーダー、妨害行為・・・・

でも、幸運とそれに負けない技術を見方につけているのも事実。

普通じゃ7回も総合優勝、できないよ。

やり方は正統派じゃないかもしれないけど、数字上ではアイルトンも超えた人。

時代って本当に、本当に変わるんだね。
[PR]
by sask2525 | 2006-10-11 16:30

あっというまに日本GP!

Excite エキサイト : スポーツニュース

今年で最後の鈴鹿だそうで、盛り上がっているようで。
今年もF1すべて見ています。
シューマッハが引退するので、寂しくなりますね~。
引退を発表した後のシュー様、なんか気迫が違いますよね?!
今年はアロンソじゃなく、シューマッハに総合優勝手に入れてほしいです><

ホンダもバトンがポディウムの一番高いところに立ったから、
とりあえず、良い年として締めくくることができそうですね^^

トヨタは・・・^^;
ま、来年、がんばってください<(_ _)>

この記事、アグリが「鈴木さん」、琢磨が「佐藤琢磨さん」と書かれていて、
ちょっと笑えました^^
でも、琢磨の「完全燃焼しますよ」という言葉に、一抹の不安も・・・^^;
いや、、、完全燃焼なんていったら、本当に燃焼しちゃいますから。。。
SAF1には、バトルではなく、完走を目指してほしいです。
[PR]
by sask2525 | 2006-10-06 14:23 | F1

子どものケア

最近北米で学校内での銃乱射事件が3件ありました。

一つはカナダ、残り二つはアメリカ。

APAのホームページでは、子どもたちを守るためのアドバイスまで掲載されるようになり、
いままでスクールバスを使っていた子どもたちが、親から送り迎えをしてもらうようになっているようです。

で、どうやって子どもを守るのかというと。。。

・カウンセラーによるケア
・親による家庭内教育
・低学年対象の遊びを交えた表現促進
・マスコミから距離を置く
・親子、教師、学校の関係作り

などなど。。。
心理学的には、これで良いのかなと思うのですが。。。

社会的に見た場合、欠けているものがあるような気がして。
・・・なぜ、銃規制をしないのか・・・
ご近所さんに聞いてみました、「銃、いる?」って。。。
質問する時点で、私は「いらないよね」っていう答えを期待していただけに、
返ってきた答えにびっくり。

「ここは自由の国だから、銃を持つ権利ぐらいはある」と。

この人自身は銃なんて持っていません。しかも、昨年知り合いが銃で自殺されたとか。
それにもかかわらず、銃を持つことを権利として捕らえているということに、
言葉がでませんでした。

確かに、歴史的な背景が違うし、私の銃に対する認識も間違っているのかもしれない。
でも、ソフトは変化しようとがんばっているのに、ハードが変わらない。。。
という気がして、悲しくなります。
[PR]
by sask2525 | 2006-10-05 15:10

northern lights

昨日、人生で初のオーロラを見ました。
本当に、本当にきれい!
外に出てみると、うっすら緑がかった光が空に広がっていて、
ゆらゆらと揺れるように形を変えていく。
まさに、光のカーテンでした。
今回のは短時間でしかも色もはっきりとしたものではなかったけど、
外にでて驚いたときの感動は、きっと忘れないだろうなって。
高画質のデジカメ、絶対買うぞ。って決めた瞬間でした^^

現地の人にとっては、足を止めて眺めるほどの物でもないらしいけど、、、
私にとっては生まれて初めて。
しかも10月にはいって一発目のオーロラ。
もう、気分は元旦の初日の出状態です。
今月は、何かいいことでもあるかな~。
[PR]
by sask2525 | 2006-10-02 04:56


ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧